• HOME
  • 障害年金の基礎知識

障害年金の基礎知識

障害年金とは、働けない場合や労働に支障をきたす場合、また通常の生活を送ることが困難である場合に支給されるものです。

この年金制度は権利ですから、もらえる障害、症状がある場合は、必ず申請するようにしましょう。
odagiri_03.jpg
 

 

 

障害年金をもらえる条件


障害年金を受給するためには、いくつかの要件を満たす必要があります。
 

(1)満たすべき要件~初診日要件~

小田切先生②
病気になった日が20歳~60歳までというのが条件です。

厳密に詳しくお伝えすると、年金制度に未加入であった20歳前の傷病により障害の状態になった場合や、国民年金に加入したことのある人で、60歳~65歳未満の間に初診日のある傷病により障害の状態になった場合は、障害基礎年金の対象となります。
 
 

65歳以後に初診日がある場合、障害年金の対象とはなりません。
人によって様々ですので、病気になった期間が対象外という方もあきらめずにご相談することをおすすめします。


くわしくはコチラのページをご覧ください。
 
 

(2)満たすべき要件~保険料納付要件~

初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち3分の2以上の期間が以下のいずれかを満たしていることが必要です。

・保険料を納めた期間(第3号被保険者期間も含む)
・保険料を免除された期間
・学生納付特例又は若年者納付猶予の対象期間となります。
resize0013.jpg
 

くわしくはコチラのページをご覧ください。
 
 

(3)満たすべき要件~障害認定日要件~

resize0089.jpg
 
障害認定日において、一定の障害があることが必要です。
障害認定日とは、本来の障害の認定を行うべき日のことをいい、初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日、又は、1年6ヶ月以内に傷病が治った場合はその治った日(症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日を含む)をいいます。

ただし初診日から起算して1年6ヶ月を経過する前に以下の状態になった場合は、特例として、上記の内容に関わりなく請求手続きができます。

くわしくはコチラをご覧ください。
 
 

障害年金の種類

resize0130.jpg
そもそも障害年金には国民年金の障害基礎年金厚生年金の障害厚生年金共済組合の障害共済年金3種類があります。
これらはその障害の原因となった病気やケガについての初診日(※)にどの年金制度に加入していたかにより、申請できる障害年金の種類が異なります。
ご自身がどの年金を受給できるのか、また、どの年金を申請できるのかをご確認ください。

くわしくはコチラをご覧ください。


 

障害年金の等級

resize0099.jpg
各障害の等級は日本年金機構の認定医によって決定しています。
この決定の判断を「裁定」といいます。

公的年金制度における、障害年金の障害等級は、

1級、2級、3級、があります。

くわしくはコチラをご覧ください。

 

障害年金に必要な手続

resize0040.jpg
障害年金の請求に必要な主な書類は以下の4つです。
 
(1)診断書
(2)病歴・就労状況等申立書
(3)受診状況等証明書
(4)障害年金裁定請求書

くわしくはコチラをご覧ください。
 

 

障害年金申請に落とし穴も・・・

高額保障を受けるのは実は簡単ではありません。書類に記載しなければならない内容が煩雑であったり、診断書を書いてもらうためのお医者様のやり取りが難しかったり(内容をきちんと書いてもらえない、お医者様によっては断られることも…)と、高額なお金をもらうにはそれ相応の 対応が求められるのです。
 
あまりの煩雑さに一人ではできず、途中で申請を諦めてしまう人もたくさんいます。
また、書類の書き方のちょっとした不備でもらえないといった人も多くいます。
 
くわしくはコチラをご覧ください。

 

受給のポイント

集合写真.jpg
障害年金の受給は単に障害があることを証明するだけで認められるものではなく、様々な手続きが必要になってきます。
障害年金を受給するためには障害認定を得ることが必要であり、その認定を得るために必要となるものが「診断書」です。
この診断書の記入の方法は障害認定にかかわってくる場合があるので、担当医とよく話し合い、最善の記入をしてもらわなければなりません。

くわしくはコチラをご覧ください。



 

「障害年金」個別無料相談

障害年金は分からないことばかり・・・
専門家に相談して、小さなことでもきちんと解決しましょう!
★相談例
●障害年金をもらうための必要書類は何か!?
●障害年金をもらいたいが要件を満たしているのか!?
●医者に「診断書の取得が難しい」と
 言われたが、どうにかならないか・・・?
●年金事務所に行っても「少し難しい」と
 言われたので、諦めている。
●もらえる場合は、是非もらいたいが
 まず何をするべきなのか・・・?
resize0097.jpg

障害年金の専門家が親身になってお答えします!
無料相談をご希望の方は、今すぐにでもご予約をどうぞ!
ImgTop9.jpg

 

相談の流れ

あらいさん.png
まずはお電話かメールでご相談のご予約を
してください。
 
お電話でのご予約はこちらから
【TEL】047-435-5777
受付時間9:00~18:00
24時間対応メールお問い合わせはこちらから

当事務所は、お客様の障害年金請求手続きに関するお悩みにお応えさせていただきます。

※体調が悪くてキャンセルされた場合でも、空きがあればいつでも新規予約できます!

特にその中でもお客様が受給できる可能性のある年金に関して丁寧にアドバイス・代行申請
させていただきます。

障害年金にお悩みの方、申請されたいと思われている方は是非お電話にて無料相談会
ご予約下さい。

※お電話でご予約いただく際に、「住所」「氏名」「電話番号」「初診日」「加入年金制度」
 「傷病について」など、お聞きする場合がありますのでご了承ください。


①ヒアリングをしっかりとさせていただきます。

お客様のご都合の良い時間を選んで頂き、日程調整をさせていただきます。

無料相談では、当事務所の障害年金相談員がお客様のお話を約30分~1時間かけて、しっかりとお伺いさせていただきます。
resize0089.jpg

 

②障害年金のアドバイスをさせていただきます。

resize0096.jpg 障害年金については、申請書の書き方一つでもらえる受給額が大きく変わったり、もらえなかったりする
ケースが多くあります。

当事務所のスタッフが丁寧に対応させていただきます。

是非、お電話にてお気軽にご予約ください。
【TEL】047-435-5777
また、メールでも随時ご予約をお受けしております。こちらまで

※体調が悪くてキャンセルされた場合でも、空きがあればいつでも新規予約できます!

無料電話.png

ImgTop9.jpg

 

船橋・千葉障害年金サポートセンターについてもっと詳しく!

 
当センターについて少しでも知っていただければと思います。
 
当事務所で随時無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
odagiri_03.jpg
 

事務所について

ecalic002_021.png事務所案内 ecalic002_021.png代表者メッセージ ecalic002_021.pngサポート料金 ecalic002_021.pngスタッフ紹介
ecalic002_021.pngご相談の流れ ecalic002_021.png当事務所に依頼するメリット ecalic002_021.png社会保険労務士とは ecalic002_021.png事務所アクセス

soudan.PNG


障害年金について